経済安定本部戦後経済政策資料 物価 第18巻 - 総合研究開発機構

経済安定本部戦後経済政策資料 総合研究開発機構

Add: akasujo68 - Date: 2020-12-17 11:14:09 - Views: 2866 - Clicks: 8068

橋井真 - 東京計器製作所社長 27. 菅谷重平 - 関東特殊製鋼会長 21. 佐々木義武 - 通商産業大臣 16.

島本融 - 北海道銀行頭取 18. 河合斌人 - 河合塾理事長 11. 太平洋戦争中、日本では企画院など統制経済を担う行政機関が設置され、行政府による経済統制が行われていた。太平洋戦争終結後、いったんは行政府による経済統制は終わりを迎えたが、日本は経済的に大混乱に陥ることになった。そのため、幣原内閣においては、経済復興を目指すべくさまざまな方策が模索されることになる。こうしたなか、内閣の直属機関として経済安定本部と物価庁を新設する構想が浮上した。1946年8月12日、経済安定本部令(昭和21年勅令第380号)が施行された。これを受け、同日、第1次吉田内閣にて経済安定本部が発足した。経済安定本部の総裁は内閣総理大臣の充て職であるため、初代総裁には吉田茂が就任した。また、庁務を掌理する総務長官には国務大臣が就くことになっており、初代総務長官には無任所の国務大臣として入閣していた膳桂之助が就任した。同時に、膳は物価庁の初代長官にも就任した。同年12月17日、経済安定本部は『経済危機突破根本方針』を決定し、傾斜生産方式により経済再建を図ることを発表した。翌日、経済安定本部令の一部を改正する勅令(昭和21年勅令第603号)の施行により、総務長官を補佐する次長が置かれることになった。これを受け、初代次長には白洲次郎が就任した。 1947年5月3日、総理庁の発足にともない、経済安定本部は内閣の部局から総理庁の機関となった。また、総務長官を補佐する副長官が置かれることになった。これを受け、和田博雄が副長官事務取扱に就き、さらに佐多忠雄が副長官心得に就いたが、初めての副長官には永野重雄と田中巳代治が就任した。なお、同年7月4日には、『経済実相報告書』(いわゆる「経済白書」)が初めて発表された。1948年4月14日、政務次官の臨時設置に関する法律(昭和23年法律第26号)の施行により、内閣総理大臣や国務大臣が長を務める行政機関であれば省に限らず政務次官を置くことができるようになった。これを受け、同年4月17日、芦田内閣にて政務次官が置かれることになった。初めての政務次官には、西村榮一と藤井丙午の両名が就任した。なお、同年9月30日には、総務長官の栗栖赳夫が昭和電工事件により逮捕され、同年10月2日に辞任する騒ぎが起きた。また、同年12月13日には、総務長官の泉山三六が泥酔して女性に抱きついて無理やりキスを迫り、断られると噛みつくなどの猥褻行為を行い、. jp: 経済安定本部戦後経済政策資料 (第18巻): 総合研究開発機構戦後経済政策資料研究会: 本.

国塩耕一郎 - 茨城県知事 14. 渥美健夫 - 鹿島建設社長 2. 池田善長 - 北海学園大学開発研究所所長 4. 野田孜 - 静岡県立大学経営情報学部学部長 26. 正木千冬 - 鎌倉市市長 32. ★ 『経済安定本部 戦後経済政策資料』の「経済計画」編に収録できなかった経済計画に関する資料をまとめる。「経済自立5カ年計画」以前に経済安定本部・経済審議庁が作成した文書のうちで、『経済白書』と並ぶもっとも基本的な資料である。.

三鬼隆 - 八幡製鐵社長 34. 勝間田清一 - 衆議院副議長 10. 日本経済評論社 1995. 経済安定本部戦後経済政策資料 / 総合研究開発機構戦後経済政策資料研究会編 ; 第16-18巻 書誌id: bnisbn:x (3). 田中覚 - 三重県知事 24. 1 形態: 3冊 ; 27cm 著者名: 寺村, 泰 シリーズ名: 経済安定本部戦後経済政策資料 / 総合研究開発機構戦後経済政策資料研究会編 ; 第16-18巻 gif蚕糸試験場JILPT 調査研究成果DB/全文情報JILPT 調査研究成果DB/全文情報平成18年10月号(電子化34号) |国立国会図書館.

橋本龍伍 - 文部大臣 28. 経済安定本部戦後経済政策資料 財閥解体・集中排除関係資料〈4〉過度経済力集中排除関係・その他 岡崎 哲二 、 総合研究開発機構(NIRA)戦後経済政策資料研究会 | 1998/10/1. 経済安定本部令公布(10日、12日発足)、物価庁発足(12日発足) 自由党総裁に吉田茂就任(18日) 経済団体連合会(経団連)創立(代表理事石川一郎日産協会長、48年3月16日石川一郎、初代会長に就任)(16日).

森永貞一郎 - 日本銀行総裁 39. 72-79 当館請求記号:DC55-E831-----経済安定9原則の実施に伴う物価政策の方針 昭和24年4月5日 閣議決定 第一 基本方針. 1一般会計より総額八三三億円の輸入補助金を支出することとし、国内物価に及ぼす影響を可及的に緩和する. 竹内正巳 - 桃山学院大学学長 23. 総裁、総務長官、政務次官のような政治家としてではなく、職員として経済安定本部に在籍した人物を五十音順で記載する。ハイフン以降は、経済安定本部以外での代表的な役職を示す。 1. 永野重雄 - 富士製鐵社長 25. 経済安定本部(けいざいあんていほんぶ、英語: Headquarters 経済安定本部戦後経済政策資料 物価 第18巻 - 総合研究開発機構 for Economic Stabilization )は、日本の廃止された官公庁のひとつ。太平洋戦争終結後、経済復興のための政策拠点として発足。長は経済安定本部総裁。略称は安本(あんぽん)、経本(けいほん)。. 循環を周期の違いで分類する研究は、現代マクロ経済学が発展してから学会の関心を失った。分類研究は常日頃に起こる循環を考えるのにほとんど役に立たないからである 。 キチン循環.

こうしたなか、内閣の直属機関として経済安定本部と物価庁を新設する構想が浮上した 。1946年 8月12日、経済安定本部令(昭和21年勅令第380号)が施行された。これを受け、同日、第1次吉田内閣にて経済安定本部が発足した 。. 椙杜正太郎 - アラビア石油常務 22.

経済安定本部戦後経済政策資料 物価 第18巻 - 総合研究開発機構

email: hesujeh@gmail.com - phone:(483) 760-6026 x 2870

図解主要業界の「合併・吸収・分割」大変化地図 - 21世紀産業研究会 - 夢をかなえる ミュジカ

-> 高卒女性の12年 - 杉田真衣
-> フロイド選集 精神分析入門 - ジークムント・フロイト

経済安定本部戦後経済政策資料 物価 第18巻 - 総合研究開発機構 - 檜原の民話 日本民話の会 語りによる日本の民話


Sitemap 1

年賀状百選 2007 - 看護の安全性と法的責任 高田利広